レッド・スパロー  ★★★*☆

レッドスパローオスカー女優ジェニファー・ローレンス、頑張ってるなあ。

出し惜しみしない体当たり演技に目を見張る。

このくらいのレベルになると納得すれば極限まで何でも表現するのは当然と考えているのかもしれないけど。

昔はやった東西冷戦時のスパイものの焼き直しのようなストーリーだが、その演出と表現は生々しく冷徹・残酷で、見ている者の背筋を凍らせる。







関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 ★★★*☆

ウィンストンチャーチルウィンストン・チャーチル英首相は第二次世界大戦の戦中だけ首相の座についていた人物。

映画を見ていて分かるのは、戦中彼がやっていたことは日本の大本営がやっていたこととそう変わらないように見えるということ。

戦争に勝ってしまえばそんな話も美談として描かれる、負ければボロクソに非難される。

イギリスは政府も国民も"決して屈服しない"とはいうものの、戦時の日本人と何が違うというのだ。

ただ、イギリスは第二次世界大戦で海外の領土の大半を失うなど、実質的には勝ったか負けたか分からないありさまだった。

そういう意味では、日本語副題の「ヒトラーから世界を救った男」というのは少し違う。

混乱の現代のイギリスで、イギリスは負けてはいけないのだと自ら鼓舞しているだけの映画にも見て取れるとも思うのだが言い過ぎだろうか。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

トゥームレイダー ファースト・ミッション ★★*☆☆

トゥームレイダー22222日本人が作ったゲームが原作だからか、映画の設定は日本に対するリスペクトから卑弥呼が登場。

ただ卑弥呼の時代の遺跡が石造りで、古代エジプト文明のようになってしまっている。

その辺りを割り切ってしまえば、普通に楽しめるアクション映画です。

”ファーストミッション”と副題がついているということはシリーズ化されるみたいね。







関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

シェイプ・オブ・ウォーター ★★★*☆

シェイプオブウォーター口のきけないイライザは、国家研究所のラボから男子トイレまで扱う清掃係が仕事だ。

社会的に虐げられた立場の彼女は、コミュニケーションの取ることができる異形の生物に出会うことで自分の抑圧された感情を解き放つことになる。。。

そのような境遇に置かれていたからこそ育まれた、彼女のすべての生きとし生けるものに対する平等な愛の物語。

むしろ、これは愛というよりは人の生きる世界を形作る世界観、認識基準に限りなく近いものであり、パワー、愛、認識、呼び方は様々だ

人は自分の生きる世界/宇宙を自分で形作るのだ。


ギレルモ・デル・トロ監督の言葉。

「僕は信じている。僕たちは互いに愛し合うことができる一方、”違っている”ことや”よそ者”であることであることを恥ずべき存在だとするとする者たちと距離を置くこともできるのだ、と。

でっち上げのイデオロギーに感化されずやり過ごすことができるのであれば、最後に敵などいなくなるだろう。

僕はつまり、僕以外と常に合わせ鏡にある。”よそ者”はいつだって僕たちなんだ。」





関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

空海 ★★☆☆☆

空海KUKAI染谷将太がずっとニヤニヤしていて何を狙った演出か不可解。

せっかくの日中合作映画だが、吹き替え版での公開しかないのも残念。

字幕版なら漢詩の音読の美しさも味わえただろうに。

巨大なセットを組んでの撮影だったようだが、それとわかるCGも多用されていて実写撮影の良さも打ち消されてしまっている。








関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

犬猿 ★★★☆☆

犬猿「ヒメアノ~ル」の吉田恵輔監督作品ということで見る前からハードルが高くなっていたのかもしれない。

期待していたほどの強烈な演出は今回はなかった。

とは言いながら、作りこまれた脚本には知らず知らずのうちに引き込まれていく。

ものごころついた後に知り合っても絶対に友達にならないだろうと思うような人間でも、生まれたときから一緒にいることによって切っても切れない関係になる兄弟姉妹という間柄が面白く描かれている。

兄弟という関係、お互いが拒否しあっていても知らいないうちに自分自身の形成過程に深く関わっているだけにタチが悪い。

他人から見れば笑いごとで済まされるようなことも当事者にしてみれば、根深い決して冗談ごとでは済まされない深刻なものなのだ。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

グレイテスト・ショーマン ★★☆☆☆

グレイテストショーマンミュージカルというよりミュージックビデオ。

作る側は狙ってるよね。

ドラマ性が希薄で深みが感じられないのが残念。

音楽のリズムにはあっているけど、描写が雑なままどんどん展開していく。

登場人物に感情移入してその感情を音楽にのせて味わうという一体感はなく、音楽のノリだけです。






関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

アトミック・ブロンド ★★★*☆

アトミックブロンド去年の公開時に見逃した「アトミック・ブロンド 」を爆音映画祭 で観賞。

いや~シビレました。

シビレまくりました。

シャーリーズ・セロンのアクション はひたすら容赦なく、しかも、最初と最後がボウイ ということでテンションマックス⤴です。

”爆音上映”の効果は最初からビリビリと衣服が振動してくる感じで、単に音量が大きくてやかましいものではないです。

これから時々見てみたい。







関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

羊の木 ★★☆☆☆

羊の木松田龍平の無表情な演技はこの映画ではピタリとハマって、クライマックス以降の宮越の不気味さを際立たせていた。

錦戸亮はこの役どころに対しては線が細すぎるような気がする。

木村文乃と優香の顔立ちが意外と似ていて、薄暗いところのシーンだと一瞬見分けがつかない。

”羊の木”の意味にしても”のろろ”の意味付けにしても、この映画のことを難解な映画と呼ぶのは不適切で、映画の中であまりにも情報不足に陥っているだけだ。

つくり手だけで満足して見る側を置いて行っている映画。





関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

嘘を愛する女 ★★★☆☆

嘘を愛する5年間同棲していた彼(高橋一生)が意識不明に陥るが、その素性は嘘で固められていたことが発覚する。由加利(長澤まさみ)は彼の素性を確かめるために私立探偵(吉田鋼太郎)を雇う。。。

正直、テレビドラマに毛が生えた程度の作品。

今、女性に大人気の高橋一生を持ってきて映画を作るところは単なる利益主義が見え隠れして辟易する。

長澤まさみはほとんど映画でしか見れないし、要所要所の演技の上手さに引き込まれる。

主演の二人のファンの方々がその二人を見に行く映画ですな。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画