FC2ブログ

変換の時期

今週は会社で異動があった関係からすべての動きが今までと違います。

新しい生活のサイクルが固まっていないために今までの生活の中では当然だった動きが止まることも出てきて、正直戸惑いがちです。

チョットしたエッセイなどを読むと変化の時の心構えみたいな文章を時々見かけることがあります。

なので、逆にこういう時にこそできることはないかとも考えたりするのですが、それどころではないというのが本音。

なかなか難しいもんです。

ギアチェンジ

年の初めに掲げていた目標も生活パターンの前提が変わると対応も変えなくてはいけません。

会社の異動なんかでせっかく掲げた目標を容易くあきらめたくないので、ここは踏ん張りどころだと思っています。

一時的にストップしようとも再びもとの路線へ戻すことを忘れないようにしなければいけません。


Category: 日常の発見

サッカー日本代表 今日の結果と明日からの始まり

今日、日本が5大会連続W杯出場を決めたけど、結果はオーストラリアのハンドによる本田のPKで土壇場ドロー。

日本代表

試合の内容はどうであれ、W杯出場と言う結果を出し、今後はW杯でどう戦うかと言う考え方に変わっていく。

サッカー日本代表のこれまでの努力の結果がいい形で出たのは自分としてもやはりうれしいし、結果が出たことによってチームにとっては今日が大きな節目となった。

一方、自分は会社で部署異動。

これまでの部署を今日で終え、明日からはまた新たな職場へと移る。

最期の日と言うことでこれまでの日々を思い出しながらお世話になった方々に後任とともに一日中あいさつ回りをしていた。

これまでの努力がいい形で残せたかどうかは疑問の余地が大きいところだけれど、サッカー日本代表がファンの応援に感謝する様も今日の自分とダブらさずにおれなかった。

組織で働き続ける限り、人々の支えなしに上手く働いていくことはできないことに今更ながらに気付かされました。

これまで一緒に仕事をした人たちにはひたすら感謝です。

そして明日から、また新たな目標に向けて新たな日々が始まる。





Category: 日常の発見

折り畳み傘TOTESを試してみる

ここ数年使い続けた私の折り畳み傘。
oritatamigasa ookisa

3段折り畳みでコンパクトな割に開いた傘の面積もそれなりにあって重宝してきました。

どこのメーカー製かは分かりませんが、いい加減くたびれてきて、骨の部分も疲労骨折寸前です。

かさと骨がこすれる部分に何か所か穴も散見されてきましたので代わりを探しました。

今までの傘が気に入っていたので、次のはちゃんとしたものを多少お金がかかっても手に入れたいと考えての検討です。

totes hikaku

今回試したのはTOTESというアメリカ製の折り畳み傘2,730円。(SLENDER MEN NAVY)

やはり今の傘の気に入っていた点はコンパクトに畳めるという点です。

TOTESというと自動の折り畳みが可能なTITANIUMが有名ですが、ここはあえて、折りたたんだ時に今よりも小さなものということで決めました。

TOTESは25cmと言うことで現在のものとほぼ同じ大きさです。

ちなみに、TITANIUMは折りたたみ時の大きさが27.5cm。

SLENDERの太さは今のよりも明らかに細いです。

また、TOTESは撥水性の高さでも有名ですので、それがどのくらいか見てみたかったという誘惑もあります。

今週は曇りと雨の確率の高い日が続くようですし、この傘をデビューさせる日も近いかと思うと楽しみです。



Category: 日常の発見

フォトコレクションは残念だという件

今更ながらですが、スマホのカメラも画素数が1200万画素を超え、ずいぶんきれいに撮れるようになりました。

写真によってはコンデジよりもきれいに撮れていたりします。

綺麗な写真がどこでも手軽に撮れてしまうためについついスマホのカメラに頼りがちになって撮りためてしまいます。

私はDOCOMOのスマホなので「フォトコレクション」というDOCOMOイチオシのサービスを試してみました。

これはストレージするメディアとしてと言うよりは、写真の移管手段と考えてのことです。

撮った写真をPCに移す時にいちいちケーブルでPCとスマホをつなぐのも手間なので、無線で飛ばせるクラウドを経由するのが便利だと思ったのです。
フォトコレクション

ところが、PCで閲覧するのはいいですが、加工するためにPCにダウンロードしようとするとこれまた反応が鈍い。

1枚や2枚ならいざ知らず、それ以上の枚数となるとケーブルでつないでPCに直接落とした方がよっぽど早いです。


また、EVERNOTEの写真をこのフォトコレクションとで自動共有する機能もありますが、これはEVERNOTE→フォトコレクションの一方通行。

逆方向ならまだしも、反応の遅いクラウドにデータを一元化するのは無理と言うものです。

スマホのカメラ→クラウドの要望ってあまりないんでしょうか。

デジカメ→スマホの手段はいろいろあるようですが、これはスマホで編集、ブログやフェイスブックへのアップロードをするためのものです。

自分としては写真の編集、アップロードはPCでやりたいのですが、あってもよさそうなのに。。。




テーマ: スマートフォンライフ | ジャンル: 携帯電話・PHS

Category: 日常の発見

EVERNOTEがスマホの価値を高めてくれる

スマホって電話以外にはネットやメールをしたり、地図でナビしてもらいながら目的についたり、後はゲームをしたり程度のことしかしないのにこんなにたいそうなことになっているのはどこか腑に落ちない気がしてなりませんでした。
スマホ

GPSで地図を見ながら目的地に行けるなんてことは、それだけですごい革新だとは思うのですが、散発的な機能の一つにしか思えなかったです。


少し前から使い始めていたEVERNOTE。

あらゆる情報を一元化して保存し、手軽に呼び出せる機能が非常に便利。

これまでは、メールにある情報はメールを起動して保管しているメールを探し、他の情報はまたほかの媒体を探すなど面倒でした。

EVERNOTEは情報の形式を問わず、ほとんど全ての形での情報を取り込むことが出来ます。

また、自分の場合手書きのノートを取り込むことが多いのですが、スキャナーは手間がかかる上に家でしかできないのでやはり写真に撮って取り込むのが便利です。(EVERNOTEは写真上の文字も検索が可能です。)

ただ、PC上で使うのは扱いやすかったのですが、皆さんが言うようにスマホでのEVERNOTEは利便性が感じられずにいました。
EN-スマホ
それも、このEVERNOTEアプリのカメラ機能はどうもピントのスピードも遅くて扱いにくかったのです。

少なくとも、写真を撮って取り込むのに何ともやりづらく、色々なEVERNOTEサポートアプリも試したのですがいいのが見つからずじまいでした。

いろいろ考えあぐねていたのですが、何のことはない。写真のハンドリングはEVERNOTEのウィジェットをインストールすることにより解決です。

手書きのノートを取り込むのにもそれ専用の機能になっているようで、多少手がブレていても瞬時にピントを自動的に合わせて上手く写真を撮ってくれます。

スマホ対応と言うことでその写真もスマホで見るときにも適切な大きさ、フォーマットに整えられてサクサク見ることが出来ます。
ENウィジェット
紙媒体の情報を写真で取り込むときは、カメラをこちらのウィジェットから起動させます。

紙媒体の情報もどこでも気軽にとり込めるのは助かります。

普段使いのスマホの用途としてEVERNOTEが加わり、自分のスマホの価値がグンと高まった気がしてうれしいです。





Category: 日常の発見