2014板橋Cityマラソン

生涯2度目のフルマラソンです。

恐れていた通り、当日は快晴で春の陽気。(マラソン走るには暑すぎ!!!)


早くも5km時点で暑さに嫌気がさしていました。

一番怖いのは脱水なので給水に気を付けてはいましたが、逆に30km過ぎからは水の飲み過ぎでお腹はタプタプ状態。

飲んだ水を吐きそうになりながら走ってました。(笑)

2014板橋Cityマラソン1-40

2014板橋Cityマラソン2-40


やはり今回も33kmあたりで足が止まり、30kmの壁が前に大きく立ちはだかった感じです。

神戸マラソンの時とほとんど変わらないペースなので何とかこの壁を乗り越えるのが課題です。

2014板橋シティラップ








テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

神戸マラソン2013

起床は5:00。

『非常識マラソンメソッド』に則って6:00から普通に朝食を食べ、焼いたモチ7つを砂糖醤油につけてラップにくるんで出発。

8:00までに何とかモチを食べ切り、現地で手荷物を預けました。

ここまでは全く滞ることなくスムーズ。

トイレは予想通り長い行列でしたが、集合時間の10分前には終わっていざスタート地点に整列。

開催のあいさつの声が遠くからかすかに聞こえてきては拍手が沸き起こり、嫌がおうにも気分は盛り上がってきます。

神戸マラソン2013-1

三宮の神戸市役所前スタート地点。

気象庁の発表では天気は曇りとのことでしたが、見上げる限りほとんど快晴でした。


間もなくスタートの宣言が聞こえてきましたが、当然最初から走り始めれる訳もなく数分スタート地点に向かって歩いてから走り始めました。

流れに乗って歩き、徐々に走り始めましたが、気が付くとスピードは5分30秒/キロで明らかにオーバーペース。

気持ちを切り替えて大きくペースダウンして当初計画していたペースへ。

この日は比較的気温も高めで、日差しを浴びながら走っていると序盤から結構汗をかき始めました。

自分が考えていたペースで走っているとかなりの人に置いて行かれる展開でしたが、ここは我慢して当初の計画通り25km地点までキープです。

練習で走った30kmランの時に25km地点で足が止まった経験を踏まえてその時よりも遅いペースを設定しました。

25km地点までこの遅いペースをキープし神戸マラソンで一番走りやすい部分と言われる25~35kmでスピードを上げる作戦です。

実際、愛用のガーミンを見ながら25km地点まではピッタシ、フラットのペースで走ることが出来ました。

25km地点から20秒/キロスピードを上げ始めると他のランナーを面白いようにごぼう抜きできて爽快でした。

ところが、33km地点付近でピタッと足が止まってしまいました!!!!

何よりも辛かったのは左足裏に激痛が走ったことです。

こんな所は今まで練習でも一度も痛くなったことのなかった部位です。

左足を接地させると痛みが走るので、びっこを引きながら少し走っては歩きを繰り返す羽目になりました。

左足のシューズのひもを緩めると少し痛みは和らぎましたが、1kmがこんなに遠く感じたのは初めてでした。

添えに加えて前半で汗をかいていたのが効いてきたのか、のどが渇いてきて給水所では水をガブのみ。

完全に脱水症状になっていたと思います。

これだけたくさんの給水所があったにも拘らず、最後には持参していたOS-1のジェルまで飲んでいました。

神戸マラソン2013-4

神戸大橋から見たポートタワー。

レースも終盤になってくると開き直ってきて思わず持っていたスマホで写真撮影です。


ゴール直前の何キロかは再び走れるようになり、足も上げることが出来たので痛みをこらえつつもフィニッシュの瞬間は走ってゴールすることが出来ました。

こうして私の初マラソンは何とか無事完走することが出来ましたが、タイムは手元の時計で5時間9分。

どんなに遅くても5時間はかからないと思っていただけにちょっとこれにはショックでしたが、タイムは今後の課題にしていきたいと思います。


途切れることない沿道の応援の人々、タッチを求めてきたり、スピードが落ちてきている人に”しっかり走れ”と激を入れる人、沿道で演奏していたバンドや高校のブラスバンド部の人たち、笑顔を絶やさず優しく声をかけてくれるボランティアの人たち・・・皆さん必死で走っているランナーたちにエナジーをくれました。

ランニングは自分との戦いであって孤独なものだと知らず知らずのうちに思っていましたが、温かい声援を受けてエナジーをもらえたことにすごく感動しました。

可能ならばまた来年も走りたいところです。(実際は抽選なので難しいとは思いますが。)



テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

神戸マラソン受付

神戸マラソン前日は受付です。

思ったよりもあっさり終わったのでちょっと拍子抜けでした。

神戸マラソン受付2

ゼッケン引換証と身分証明書を見せるとすぐにゼッケン、参加記念Tシャツと交換してくれました。

実質待ち時間なしです。

神戸マラソン受付3

隣接するイベント会場では野口みづき選手がストレッチ体操を行ってました。

神戸マラソン受付4

大会のメインスポンサー、アシックスです。

限定記念Tシャツの販売でにぎわっていました。

神戸マラソン受付5

ヤマザキではいろんなランチパックを販売。

確かレース本番のエイドではヤマザキ提供の薄皮パンシリーズが出ていたと思います。

神戸マラソン受付1

神戸マラソン公認キャラのグッズ。

自分は好きになれず(笑)

神戸マラソン応援絵葉書

渡された書類に入っていた地元小学生の応援絵はがき。

なんかミョーにうれしかったりします。






テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

6月の月例川崎マラソンは暑かった

毎月最終日曜日は月例マラソンの日です。

梅雨もまだ明けていませんが、朝方曇りがちだった空もレース開始前には晴れてきました。

0630Kawasaki

私は10時からの10kmマラソンを目指してやってきましたが、レース前には気温が高くなり、10kmレースも5kmレースに変更です。

6月で10kmが無くなるということは、きっと、9月~10月までもう10kmは開催されないということね。

そして、レースは暑いとはいえ、いつもの半分の距離だからとタカをくくって走ると見事に撃沈しました(笑)。

距離は短かったので体力的には余裕がありましたが、走った後はやはり脱水状態で結構つらかったです。

0630kakigoori
売店ではかき氷が人気でした。

私もせっかくのなので一ついただきました。

普段かき氷なんて食べない私も今日はうまかった~。

0630シロップ
シロップはかけ放題です~。




テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ

神戸マラソン走ります。

神戸マラソン、当選しました。

なので、これを機会にフルマラソンに初チャレンジします。

本番まで約5か月ですが、何とか走りきれるよう頑張りたいと思います。

神戸マラソンコース
コースは三宮から明石海峡大橋までの道程を折り返す42.195km。

=====================================================
第3回の応募者数と倍率は、フル(42・195キロ、定員1万8千人)が8万416人で約4・5倍、クオーター(10・6キロ、同2千人)が7275人で約3・6倍。
 フルのエントリーは年々増え、第2回より5243人多かった。一方でクオーターは1151人少なかったが、総数の8万7691人は過去最多。

(神戸新聞2013.6.13. http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201306/0006110584.shtml)
=====================================================

抽選倍率は、大阪マラソン5.2倍、東京マラソン10.3倍と比べると低めですが、それでも十分高い倍率です。

この幸運に感謝して大事に走りたいと思います。

東京マラソンの人気を受けてか、関西でも他に大阪マラソン、京都マラソン、奈良マラソンと都市名を冠したマラソン大会が催され、人気を博しています。

関西マラソン高低差

大阪マラソンは見事に落選しましたが、奈良マラソンと京都マラソンはこの図を見てエントリーせずです。

奈良と京都ってトレイルレースかとも思えるほどの高低差。

市街地はほとんど走らず山の合間ばかり走るコースは何も知らないでいるとそのまま玉砕してしまいそうです。

とは言いつつ、神戸も微妙なアップダウンが繰り返されるコースで、35km地点の神戸大橋が一つのヤマとのこと。

レース用のランニングを始めてから最初の夏を迎えるに当たり、この対策のことも考えるとなかなか大変そうな一夏になりそうです。


テーマ: ランニング | ジャンル: スポーツ