夏の匂いを感じる沖縄一泊二日

沖縄へ一泊二日で行ってきました。

限られた時間の中なので沖縄らしさをすべて堪能したわけではないですが、その南国の独特の雰囲気を嗅いできました。
e0088513_1433088.jpg


今度はリゾートで来たい沖縄
沖縄は政治面、文化面で複雑な根深い問題を抱えた側面を持っていますが、訪れて最初に感じるのは観光大国という面です。

空港を始め、国際通りなど観光客目当てのきらびやかさに目を奪われます。
nshs

那覇空港到着ゲート。

那覇空港は飛行機から降りたところから土産物屋がたくさんあります。

ちなみに、成田空港の出発ゲート待合所。
haned

往路は成田空港からでした。

成田の国内線待合所は狭くて小さくて、驚くほどしょぼかったです。



沖縄方言はやはりまったく分かりませんでした。

工事現場の年配の人たちの会話を横で聞いていたのですが、理解できる単語はたったの一つすらなかったです。

それ以外の場面でも年輩の方は予想以上に普段からこの沖縄方言を使っている様子で、沖縄県民との心理的な距離の遠さを感じてしまいます。

ラジオでも沖縄方言を開設するコーナーを持った番組が放送されていましたが、これはやはり、県外から来た人のためのコーナーでしょう。

同じ県民どうして地元の言葉を解説するなんてありえないですものね。

言語学上は、関西弁は標準語とは別の言葉(外国語)に区分しても問題ないらしいですが、いわんや沖縄語おやですな。

センバツ初戦から沖縄尚学登場!

春の選抜高校野球が今日から始まりました。

初戦は偶然にも沖縄尚学 対 敦賀気比。

やはり沖縄の人たちは試合結果が気になるようで、ずっとNetをチェックしたり、ラジオを聴いたりしていました。

結果は沖縄尚学が2-11で敗退でしたが、今日の甲子園球場の気温は7℃。

これは沖縄の球児にとっては寒すぎたんじゃないかと敗戦の弁を語る人たちも多かったです。

ちなみに、今日の沖縄の気温は最高気温24℃、最低気温19℃です。

暑いというほどではないですが、中に入るとクーラーがついている建物もありました。

沖縄っぽい食べ物

那覇空港で食べたタコライス。
tako

普段あまり食べない濃厚なチーズで感激しました。

タコライスの看板は街中で見かけます。

沖縄ではかなりポピュラーなようです。


sanpin

さんぴん茶は沖縄に昔からあるジャスミン茶です。

伊藤園、コカコーラ、ポッカ等いろんなメーカーが「さんぴん茶」を発売していました。

琉球コーラはいかにも観光客向けという印象を受けました。


soba

沖縄そば。

やはり定番ということで押さえておきました。

steak

地元の人が一番というジャッキーステーキハウスでステーキを食べました。

写真はテンダーロインステーキ(レア)L(250g)。ライス、スープがついて2,100円です。
味付けは薄く、自分で味付けできるようにいろんなソースが各テーブルに置かれていました。

肉は柔らかくておいしかったです。

ちなみに、国際通りでは1ポンド(450g)ステーキを1,980円で出している店が何件かありましたので、値段だけ言うとこちらの方が少し割高です。

jack's

ジャッキーステーキハウス

日本語でジャッキーステーキハウス、英語でJACK'S STEAK HOUSE。

ちなみに、お店のスタッフはコテコテの日本人です。

お店の前の駐車場は6時には一杯で駐車場を待つ車が溢れかえっていました。

店内は家族連れが多く、観光客は全然目につきませんでした。



関連記事

テーマ: 沖縄旅行 | ジャンル: 旅行

Category: 日常の発見
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント