練習できなくてもそれは足の療養と考える (32日前)

さて、本番までおよそ1か月に迫ってきましたが、仕事で走れていません。

しかも、明日から出張のため、前回の練習から1週間空けてしまうことになります。

だからと言って、焦っても仕様がありません。

気分を切り替えて今日は、ほとんどか完治したと自分では思っている、先日痛めた足首痛のことを記します。

最初、患部を見ずに痛みから部位を想像するとアキレス腱の付け根の下から踵にかけての部分に痛みを感じたので、てっきりアキレス腱→ふくらはぎの使い過ぎかと思っていました。
e0088513_21173162.jpg

実際に痛みを感じたところを探ると、写真の人差し指が置かれている部位で、これはくるぶしの下から踵の上にかけてと言った方が近いですね。

以前、痛くなったくるぶし痛は、もろにくるぶし部分だったので今回は少し違うところです。

ken

後脛骨筋腱の腱鞘炎についてはこちらから


解剖図を調べると痛みがあるのはちょうど後脛骨筋腱(こうけいこつきんけん)に当たることも分かりました。

今回の症状はまさにこの部分の腱鞘炎!

足の痛みの処方箋は基本的にしばらく走らないということですが、やはりこの症状も同じく走ってはいけないとのこと。

前回は足首全体がつぶれてきて扁平化して起きた痛みでしたが、今回は比較的短時間で痛みがほとんどなくなったところを見るとどうやら純粋な腱鞘炎だった様子です。

まあ、念のための療養と考えて、もう少し足を休ませることとします。



関連記事

テーマ: マラソン | ジャンル: スポーツ

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント