FC2ブログ

疾走 ★★★*☆

『疾走』 重松 清著、角川書店、2005

『嫌われ松子の一生』の松子のように、不要なブライドやエゴが邪魔して人生を堕落させるのではなく、周りの環境からあまりにもすんなりと身動きの取れない袋小路に追い詰められる過程が主人公にとってあまりにも悲劇。


言葉を失う。
関連記事

テーマ: ブックレビュー | ジャンル: 小説・文学

Category: 小説
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント