ドリームハウス ★★*☆☆

ハリウッドの「産業映画」という言葉が頭をよぎる。

物語の骨格はこれまでに何度となく描かれてきたストーリーの組み合わせで、映画ファンならばどこかで聞いたことのある話だ。

精神分裂症ものであれば、「ファイトクラブ」「シャッター・アイランド」、心霊ものであれば「シックス・センス」「アザーズ」と似た作品は簡単に挙げられる。

このような”アイデンティティ・クライシスもの”も今やハリウッドでは王道の定番物語という位置付けということなんだろう。

そうした王道ものの話であっても、この作品は展開がうまく練られていてそれなりに楽しめたりする。

何よりも家族への愛の物語へとしているラストが見る者へ感動と大きな安堵を与える。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント