その夜の侍 ★★*☆☆

轢き逃げで妻を亡くした男がその犯人に復讐を誓う物語。

堺雅人はひたすら暗く、まさに昼行灯のような役回り。

小さな鉄工所を経営し、凡庸な日常を過ごす姿と復讐に執念を燃やす暗く狂気じみた姿が対照的でおぞましい。

一方、日々を流れに乗せてなんとなく生きてく山田孝之の犯人役はその人生をいつの間にか破滅させていく。

劇中で何度となく語られるが、平凡な生活は勝ち取るもので、何も考えずに無為に過ごすことによって得られることは決してないということが、最後の台風の中での格闘でも語られる。

そして、それを勝ちとった主人公の安堵が見る者の心に訴えかけてくる。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント