のぼうの城 ★★☆☆☆

なんだか全てバラバラで一貫性が感じられない。

リアリティを追及しているのかエンターテイメントを追及しているのか。

殺陣のアクションシーンはなかなかハードなシーンを見せてくれるが、人間ドラマの部分は現代劇のようだ。

というか、テレビドラマのようだ。

野村萬斎はそれぞれのシーンの演技は素晴らしいと思うが、全体を通してみるとのぼうの人物像が今一つ不明瞭に感じられた。

また、それぞれのエピソードを詰め込むのはいいがつなぎ方があまりにも下手。

意味不明なカットを中途半端な長さ入れてみたり、これだと見ている方もさすがに集中力が切れてしまう。

甲斐姫が柔術を使って家臣を投げるシーンもなぜカットを切るのか?というか、これもあまりにも撮り方が下手クソすぎる?

浮ついた声の最後のナレーション等挙げていくときりがないけど、最後の最後まで残念な映画だった。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント