ソハの地下水道 ★★★☆☆

ナチス支配下のポーランドで地下水道にユダヤ人を14か月匿ったという実話。

最初は金目当てで始めたソハも、途中からユダヤ人たちに心を寄せていく。

映画全編ポーランド語で、戦時中のドイツ軍とのやり取りも生々しく描かれている。

この映画に登場するユダヤ人たちは大人しく地下水道に潜んでいるだけの輩達ではなく、とても人間臭く描かれている。

強制収容所へかつての仲間を探しに潜入したり、ゲットーへ戻ってみたりする。

地下水道で出産する一方で、子供の泣き声がうるさいからと赤ん坊を窒息死させてしまう。

さまざまな人間ドラマを組み合わせながらナチスへの対抗と自由への希望が切々と描かれている。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント