最強のふたり ★★★☆☆

まあ、見る前から大体ベタな話だと検討はついていましたが、頭の隅ではそれを裏切るようなうれしい誤算があればなあと思って見に行きました。

でも、そんなうれしいサプライズもなく、すんなりと想定内にはまるような映画でした。

というか、予告編そのまんまじゃないかあ。

予告編もベタならベタなりに全部見せなくても面白く作れそうなもんですが、欧州各国で多くの賞を取っていることもあって無意識のうちに期待が大きくなってたんでしょう、そのせいか思っていた面白さ、感動よりも一回り小さかったです。

でも、首から下を動かせないフィリップが顔の微妙な表情だけでいろんな考えを表現している様はすばらしかったです。

また、ほんの些細なことも全身を使って表現しているドリスと対照的でまさしく最強のコンビでした。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント