FC2ブログ

英語のちょっとした備忘録 - アルファベットの発音

知り合いのオーストラリア人に聞いた話。

Z ・・・ 日本語としての発音は、フェアレディZ(ゼット)にもあるように「ゼット」。
でも、みんな中学校で「ズィー」と発音するように教えられる。
これはアメリカ英語で、アメリカ人には「ゼット」はなかなか通じないらしい。
イギリス人には「ズィー」も「ゼット」も両方通じるようだ。
ちなみにこのオーストラリア人は「ゼッド」と発音していた。
Zebra(シマウマ)はアメリカ英語では、「ズィーブラ」、イギリス英語では「ゼブラ」。

H ・・・ 「エイチ」はアメリカ英語でもイギリス英語でも同じ。
ただ、イギリスのある地方では「ヘイチ」と読むのだそうだ。
でも、学校で「ヘイチ」とやると先生に「エイチ」だと訂正させられるらしいので、あくまでもイギリスのスタンダード(?)英語でも「エイチ」が正解とのこと。

W ・・・ 「ダブリュー」はあくまでも「ダブリュー」であって「ダブル」とは発音しない。
また、ネイティブの間では「W」は、日本人がよくやるダブル(double:2倍の、2重の)の意味で表記することはないのだそうだ。
最近は、ネット上では"for you"を"4u"などと表記したりもするが、そのような場面でも「W」はdoubleの意味で使われることはない。



関連記事
Category: 英語
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント