貞子3D ★★*☆☆

本作も原作は鈴木光司だが、原作は未読。

しかし、この映画、この方向でいいんだろうか。

原作は読んでいないが、原作から完全に逸脱してしまっていることは想像に難くない。

もう完全に開き直ってB級ホラーまっしぐらです。

3D効果の使い方はなかなかのもんですが、ラストのクリーチャーなんかは往年のリング・シリーズのファンからしたらひどいもんです。

こんなであれば、作ろうと思えばいくらでも続編が作れる。

スマートフォンに代わる何か新しい映像装置がまた出てくる頃に再び貞子復活でしょうか。



関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント