ピープルvsジョージ・ルーカス ★★★☆☆

アメリカ文化史に大きな足跡を残し、世界中に熱狂的なファンを持ち続ける映画「スターウォーズ」。

1977年の発表時には編集賞ほかオスカーも受賞し世界中を圧倒してメジャー映画史上初の3部作を作り上げ、そのシリーズは「サーガ」と呼ばれた。

ところが、ジョージ・ルーカスは旧作を改変し始め、もはやオリジナル版は存在しないと宣言するようになったことにより熱狂的ファンたちは以前からもっていた心情を爆発させ始める。

アメリカでは世代を超えてスターウォーズの影響を受けている人は数多くいるし、自分にしても若いころはずいぶん傾倒した。

第1作目があまりにも強烈だったため、言いたくても言えなかったことを爆発させて作ったのがこのドキュメンタリだ。

全編、なあんだみんなそう思ってたんだと納得することしきり。

スターウォーズ・シリーズ、インディ・ジョーンズ・シリーズの内、1作でも好きな作品があれば、だれでも楽しめる作品です。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント