戦火の馬 ★★★★☆

スピルバーク監督作品ということで正直あまり期待せずに見に行ったが、これが見事な感動作品だった。

「風と共に去りぬ」のようなシーンが入っているのは相変わらずのオリジナリティのなさに幻滅したが、それでも見事な感動作であることには変わりがない。

ヨーロッパの美しい叙情的な風景と印象的な音楽に思わず引き込まれる。

何よりもジョーイを演じた馬をはじめ、登場する動物たちの感情豊かな動きがすばらしい。



クレジットを見て驚いたけど音楽はジョン・ウィリアムズ。この人今いったい何歳なんだろう?


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント