アニマル・キングダム ★★★☆☆

母親が死に、高校生の子供が引き取られた母親の実家は麻薬と強盗で生計を立てている一家だった。

一見こじんまりとした普通の一家だが、やっていることはえげつない。

映画も一家を淡々と描くが、時折ハンマーを振り下ろすかのように強烈な映像をぶち込んでくる。

静かに底で煮えたぎる感情の沸騰を押さえ気味に表現しながら時折見せる爆発に度肝を抜かれる。

タランティーノがこの作品をお気に入りだそうだが、妙に納得できる。

逆に、この映画の作り手がかなりタランティーノ作品の影響を受けているようにも思えた。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント