ミッション:8ミニッツ ★★★☆☆

ラストはやはり納得できない。

このラストだと映画そのものの設定が変わってしまうじゃん!!

それは全員が死亡するという列車事故で犠牲者の死の直前8分間の意識に入り込み、犯人を見つけ出すという技術。

任務にあたった主人公は、その最後の8分間を何度も擬似体験しながら、少しずつ事件の真相に近づいていく。

同じシーンへ何度も送り込まれる主人公だが、物語は飽きさせることなく見事につないで見せ、さらに、別の方向へ展開していくところがすばらしい。

カプセルの中の閉塞感は前作「月に囚われた男」にも似た息苦しさが重々しいがうまく描いて見せている。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント