三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 ★★★☆☆

 藤田まことの『必殺』(古い!)と同じだと割り切ってみればそれなりに楽しめる映画。

『三銃士』の原作は未読だが、原作にも登場するというミラ・ジョボヴィッチ演じるミレディーは『バイオハザード』のアリスそのままの大立ち回りを演じる。

ルイ13世やリシュリュー卿といった歴史上の人物も登場する一方で飛行船による戦いが映画のクライマックスになっている。

自分としては、ミラ・ジョボヴィッチのアクションはいかにも出来合いのハリウッド映画っぽくて苦笑ものだった。

しかしながら、三銃士とダルタニアンによる殺陣は見事な剣さばきの連続で見ごたえがあり、飛行船によるバトルは面白い構図の絵でなかなか楽しめた。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント