カウボーイ&エイリアン ★★*☆☆

ハリソン・フォードとダニエル・クレイグという好きな俳優さんで、しかも新旧のスター対決ということもあって、多少なりとも期待していた映画だったけれど、イマイチな出来。

スピルバーグが何かのインタビューで、「何で誰も今まで西部劇とエイリアンを組み合わせた映画を作っていなかったのか不思議なくらいだ」と語っていたが、面白く作るのが難しかったからじゃないかと勘ぐってしまう。

ただ、この作品の場合、コンセプトの問題というよりは脚本の問題と言うのは明らか。

ストーリー展開上重要なところであまりにも安易な展開の連続で見ている方としてはがっかりさせられる。

エイリアンは中盤まで散々、宇宙船での攻撃でやりたい放題だったにもかかわらず、クライマックスの戦闘シーンでは人間はライフル銃とダイナマイトで攻撃するのに対して、猛獣のように噛み付いて戦うというのも意味不明。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント