プリンセス トヨトミ ★★*☆☆

原作は読んでいない。

フジテレビ製作と言うことで、全然期待せずに時間つぶしにはなるかと思って見に行った。 

荒唐無稽な話だと言うのは分かっていたし、否定的な先入感のせいか思ってたよりもマトモな印象だった。

悪く言えば、ありきたりと言うことになるが、かえってそれがいい方向に働いていた気もする。

勝手に勘ぐってしまうのは、原作の方がもっと大阪のノリが前面に出ていたのではないかということ。

映画としては味付けがマイルドになりすぎている気がしたのは思い過ごしだろうか。

あと、プリンセス役の女の子は新人ということもあるのだろうが、カツゼツが悪かったなあ。

今後に期待。

関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント