塔の上のラプンツェル 3D<日本語吹替版> ★★★★☆

公開から少し時間が経ってしまったが、吹替え版を見に行った。

予告編では、ラプンツェルの現代のアメリカ人の女の子っぽい表情の作り方に変な違和感を感じていたが、本編を見るとそんなに気になるほどのことでもない。

すごくディズニーっぽい良作に仕上がっている。

一部には、ディズニー作品の中で最高峰という声もあるようだが、それも納得できる出来だ。

3Dを意識したカメラワークも秀逸。

彩り鮮やかな幻想的なシーンは、ディズニー・アニメの真骨頂と言えるだろう。

夢を追い続け、それをかなえる少女の興奮と不安が見事に描かれていて、見る者を引き付けずにはおれない。

関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント