太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男 ★★☆☆☆

日本人なら絶対見ておくべき映画だと某映画評論家が絶賛していたので見に行きました。

このストーリーはなんかどこかで見たことがある気がするのですが、ドラマ化でもされていたのでしょうか。

若い人たちなら見ておいてもいいのかもしれないですが、チャラいアメリカ兵をはじめ、演出の薄さが引っかかります。

サイパンでの追い詰められた日本兵たちの苦しみも今ひとつ重みを感じられなかったのは残念。

当時の日本人の精神とアメリカ兵の精神の違いなんかはクリント・イーストウッド作品のほうがリアリティをもって伝わってきていたと思います。

所詮、テレビ局の作った映画ということでしょうか。

日本人の作った映画なのだから、当時の日本人に対する畏敬と感謝の感じられる、冒頭のような日本人の精神性や行動をもっと強烈に再認識させてくれる映画であってほしかったです。

 
関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント