トロン:レガシー 3D ★★★☆☆

1982年の「トロン」も劇場で見た記憶があるが、初めてCGを大々的に導入した映像革命の映画といった触れ込みで公開されていた割にはインパクトが小さかったような気がする。

いまやほとんど内容も思い出せないので、今回の作品にもあまり期待をせずに見に行った。

ただ、本作は1982年作品のリメイクではなく、これをキチンと前作として扱った続編として作られている。

25年前と比較するとPCの普及もあってコンピュータに関する知見も得た今となっては、映画でやっているようなことがコンピュータの中で起こっていると想像するのも難しい。

そういう意味では、少し発想が古いと言うか、現代的にアレンジし切れなかったような気がする。

ただ、最新のCGを駆使した世界観の表現はすばらしく、一見の価値あり。

特に若いジェフ・ブリッジスのCGには驚く。

関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント