ロビン・フッド ★★★☆☆

巨匠リドリースコットによる歴史作品。

「グラディエーター」でタッグを組んだラッセル・クロウをフィーチャーしているだけに嫌がおうにも期待が高まるが、それほどでもないと言うのが正直な感想。

頭に載せたりんごを射抜くというエピソードはなしです。



関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント