ノルウェイの森 ★★★☆☆

原作は未読で鑑賞した。

村上春樹文学と言うことで、映像化の難しさは想像に難くないだけに万人に受け入れられるような作品にはならないだろうとは思っていたので、こんな風になったかと感心したのが第一印象である。

見る人によって感じ方が色々だろうが、見事にミニシアター系の作風に仕上がっているところは自分の好みとしてはもう少しメジャー系で作ってもらいたかった。

こういう文学作品は、いわば誰でもミニシアター系作品は作れると考えるだけに、そういうところが監督の手腕の見せ所になると思うからだ。

そして恐らくは直接的過ぎる表現は、いかようにでも表現しなおせると考えさせられるところが少し残念だ。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント