必死剣鳥刺し ★★☆☆☆

この作品のほとんどまでが冗長でたいくつ。

ただ、ラストの殺陣での豊川悦司については恐怖こそ感じる怪演。

とどめの一撃は、あくまでも小説チックで映像にしてみると唐突な印象が残る。

吉川晃司は最近、邦画でちょくちょく見るけど、その演技は今ひとつピンと来ませんなあ。
  

関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント