孤高のメス ★★*☆☆

堤真一と言えば、今の日本を代表する男優の一人で、自分も好きな俳優さんの一人ということで見に行ってきました。

彼にしてみれば、今年出演の映画として本作を選んだようだけれども、テレビドラマの延長のようなぬるい作品で、彼の良さも出ているとは思えない。

彼の演じる外科医は勉強していると感じさせてくれるほどの出来ではあり、彼の役への打ち込みの凄さはひしひしと伝わってくるんだけれどもね。

色々と物議をかもし出しそうな肝臓移植の話も、せっかく映画という形態をとりながらさらりと流して終わっているのはなんだかもったいない。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント