告白 ★★★★☆

「下妻物語」の成功以来、その呪縛にとらわれてなかなか次の傑作を生み出せずにいた感のある中島哲也監督が、久々にやってくれました。

それも、これまでの作風とは全く違う方向性で。

久々の衝撃作です。

人と人との関係性の儚さと尊さを、現代の中学生を題材に生々しく描き、見せ付ける本作は見る者の心を揺さぶらせずにはいられない。

モノトーンを思わせるスローモーションを多用した映像とレディオヘッドらの音楽が観客をとらえ、映画の世界を嫌が応にも心の奥まで染み込ませる。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント