アリス・イン・ワンダーランド ★★★☆☆

奇妙なデザインのキャラクターたちが活躍する映画はティム・バートンの真骨頂。

ストーリー展開もぎょっとするものが多かったように思うのだが、今回の作品はなんとも予定調和的な展開。

最後に何かどんでん返しでもあるのかと期待させられるほど、何もなくすんなりした展開で描かれていた。

毒々しい色使いのデザインはいかにもと言った感じだが、その他はマイルドで、万人向けなのが残念。

ディズニー映画製作だからだろうか。

シュールで難解といわれる原作だけにぞっとするテイストを期待していた自分にとってはもう少しパンチが欲しかった。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント