ゴールデンスランバー ★★*☆☆

伊坂幸太郎の小説は実際読んだことはないが、過去の映画化された作品を見る限り、彼の作品には独特のテンポがあることが感じ取れる。

小説として読んでるときには読者が無意識のうちにそのテンポを調整できるからいいものの、映画になってしまうと映画の製作者がコントロールしなくてはならない。

たくさんの伏線を張りながらユニークなリズムで物語が進行する伊坂作品ではこの部分は最も重要になってくるだろう。

原作の独自のテンポ、雰囲気を維持しながら、同時に映画の観客を満足させるのは伊坂作品では非常に難しいのかもしれない。

クライマックスになるべき公園での投降も、それまでの妙にダレた展開のせいか、盛り上がりが今ひとつ足りずにクライマックスになりきれていないのが残念だった。

これは原作の内容とかかわってくるが、ラストはあれでホントに良かったんだろうか。

結局、権力に負けてしまっているのと、最近の実際の事件、英会話教師殺人事件容疑者の顛末が頭をよぎり、スッキリしなかった。

あと、堺雅人も怒れる青年が似合うだけにチト物足りない。竹内結子も映画ではなんでいつもヘナヘナしてるんだろう。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント