2012 ★★★☆☆

期待せずに見に行ったが、それなりに楽しめた。

ストーリーや展開は想像の範囲を超えることはなかったが、大惨事が見事にCGで表現されている。

この作品はCGの勝利ですな。

実際にこんなことが起こったら映画で描いているようなドラマが生まれるまでもなく一瞬でみんなお陀仏のような気はするけど、そこはご愛嬌ということで。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント