ゼロの焦点 ★★☆☆☆

原作は未読。

宣伝でミステリーと言っていたが、映画では謎解きの醍醐味は感じられずじまい。

結局、主人公の想像がそのままタネ明かしになっていて、それを裏づける描写が希薄。

その上、展開もだらだらして退屈。

昭和30年代の町並みは見事なCGで及第点だが、そもそも映像に新鮮味はなく、テレビのサスペンスもののように安っぽい。

見所と言えば、中谷美紀と木村多江の演技の応酬部分か。

中谷の気迫と木村の上手さは見ごたえがあった。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント