小説『嫌われ松子の一生』 ★★★★☆

『嫌われ松子の一生』 山田宗樹著 幻冬舎文庫 2004

読みやすい文体でテンポよく読み進めることが出来た。
松子の生涯と主人公の笙の動きが絶妙のタイミングで編み合わされている。

松子は一昔前の、ある意味典型的な転落人生のモデルになっているに過ぎないとも思える。

映画化の計画があるようだが、映画として面白くするのは至難の業ではないかと一抹の不安がよぎる。

関連記事

テーマ: 紹介したい本 | ジャンル: 本・雑誌

Category: 小説
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント