REC2 ★★*☆☆

一作目ではイラだってくるほどの恐怖感を覚えたこともあって、期待をして見に行った。

そもそもオリジナリティは希薄なシリーズだけれど、ジェットコースターに乗るような楽しみを期待していたのだが、今回は期待はずれ。

「ゾンビ」と「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の映画が今回は「エクソシスト」と「貞子」の映画になっていた。

字幕の翻訳のせいかもしれないが、セリフのやり取りも変な違和感を覚えるところがあった。

途中出てくるガキどもは腹がたつほどバカヤロウどもで、映画の流れ自体もこれで中途半端に止まってしまった。

続編を作るにあたり、それだけネタ不足だったともいえる。

でも、映画の終わり方から察するに3作目もあるんだろうな。


にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント