空気人形 ★★★☆☆

空気人形、表層的にはダッチワイフが心を持ってしまったお話ではあるが、その表題を「空気人形」という言葉を使った裏には映画の作り手側からの深いメッセージが隠されている。

この映画は、そのストレートな性描写とは裏腹に現代人の心の持つ大きな影をあぶりだそうとしているのだ。

ただ単にセリフのやり取りのみにそれをゆだねることなく、映像で語りかけているところがすばらしい。

一歩間違えれば安っぽいエロ映画に陥りかねないところを絶妙な表現で詩情豊かに描いている。

あと、見事に演じきった主役の女の子は新人さんかと思ったら韓国の女優さんだったのね。

板尾創路も怖いほど見事に役にハマリすぎ。



にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント