96時間 ★★★☆☆

リュック・ベッソンの脚本らしいテンポのよさや緊迫感が心地いい。

そこまでやるかと思うほど悪人を徹底的に叩きのめすのも他のアクション映画とは違って痛快。

親にしてみれば、愛する娘のためならばなんでもありということか。

フランス人警察官に扮した主人公がパリに住むアルバニア人と流暢な英語でやり取りしたりちょっと調子の良すぎる部分が目に付いたのが残念。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント