FC2ブログ

ワールド・オブ・ライズ ★★★*☆

期待のリドリー・スコット監督の新作である。

とはいいながら、先に公開されていたアメリカではパッとしない興行成績で不安半分。

で、映画だけど、リアルな戦闘シーンのすさまじさはさすがといったところ。

ディカプリオは最近、この手のタフガイを意識して演じているようだけど、これまた上手い!

ところが、話の展開はありがちなもの。

特に最後はさらにどんでん返しがあるかと思いきや何もなくそのまま終わってしまった。

アメリカでの反応がイマイチだったのはこの辺のせいかもね。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント