私が見た映画ランキング2008

私が今年、劇場で見た66本の映画をまとめてみた。
今振り返ると見た直後の評価の基準が結構ブレているので、そこは改めてレべリングし直した。

基本的には、以下のような考え方。星の中の並び順には意味はありません。
★★★★★・・・傑作。DVD買って何度も見ようと思える作品。
★★★★☆・・・面白い。お勧め。
★★★☆☆・・・普通。多少引っかかるところはあるが、無視できる。
★★☆☆☆・・・引っかかるところがちょっと多すぎる。
★☆☆☆☆・・・全然面白くない。
*・・・★半分(今回は使用せず、上記区分に振り分けた。)

今年はアカデミー賞受賞作品はどれも見ごたえあるものばかりだった。
あと、やはり環境をテーマにした映画が増えてきているのも特徴だろう。
邦画もがんばっているけど、あともう一息というところかな。


★★★★★
ヒトラーの贋札 収容所を舞台に描かれる現実主義と理想主義。感動の作品。

★★★★☆
ノーカントリー 啓示的な映像と意味深で示唆に富んだセリフが非常に印象的。
おくりびと 今年の邦画のベスト。
潜水服は蝶の夢を見る 今を自分自身で精一杯生きることの大切さ。
つぐない 美しい音楽と効果的なタイプライターの音が印象的。
フィクサー ラストのジョージ・クルーニーがたまらなくいい。
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 人生で直面するあらゆる要素を織り込んだ重い作品。
ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト これぞロックライブショウ!
REC/レック 怖い怖いたまらなく怖い。 
JUNO/ジュノ 気の利いた台詞回しと娘の判断を尊重する家族の深い愛情に心を打たれる。
ダークナイト 人間の弱みを巧みにつくジョーカーとの二転三転する重厚な物語が圧巻。
クライマーズ・ハイ 男の嫉妬、プライドをこれでもかと見せ付ける迫力ある人間ドラマ。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 陰惨な雰囲気が美しいメロディーによって展開されるゴシック・ムービー。
スパイダーウィックの謎 見ごたえあるファンタジー 
勇者たちの戦場 イラク戦争から帰還した兵士たちの苦悩を正面から描いた映画。
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち) 昭和史の一面をえぐる。

★★★☆☆
崖の上のポニョ 終盤の展開が???
ウォーリー 家族で楽しめるSFファンタジーです。
スカイ・クロラ The Sky Crawlers テンポが緩慢なのがちょっと。。。
アメリカを売った男 アメリカでの至上最悪のスパイ事件をベースにした作品。
魔法にかけられて エイミー・アダムスの好演が救い。
ミスト 最狂のラスト。
譜めくりの女 緻密な心理描写のフランス・サスペンス。
モンゴル 壮大なスケールで描くチンギス・ハーンの人生。
幻影師アイゼンハイム 科学の黎明期に繰り広げられるミステリー。
ラスベガスをぶっつぶせ カード・カウンティングのわざに見ている側も魅了される。
アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生 アメリカでは超有名フォトグラファーのアニー・リーボヴィッツを追ったドキュメンタリー。
エリザベス:ゴールデン・エイジ 豪華絢爛で重厚な歴史絵巻。
ライラの冒険 黄金の羅針盤  我々の世界と似ているが異なる世界が舞台のファンタジー。
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 オールドファンには懐かしく楽しめる作品です。 
イースタン・プロミス テレビではありえない映画ならではの映像表現。
ザ・マジックアワー 思ったよりはよかったです。
スピード・レーサー きらびやかなCGレース。
告発のとき 後半ぐだぐだなのが残念。
ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 レイチェル・ワイズが出てないのは残念。
20世紀少年 次回作に期待。
パコと魔法の絵本 前半のぶっ飛びようにはついていけずでした。
AVP2 エイリアンズVS. プレデター エイリアンかプレデターのファンであれば楽しめます。
はじらい 監督の負け惜しみですね。
ウォンテッド 最後のネズミ爆弾はいただけない。
アイアンマン ロバート・ダウニーJr復活!
レッドクリフ PartI アクション映画です。
ダイアリー・オブ・ザ・デッド ゾンビはやはりジョージ・A・ロメロ。
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 国際政治の背景を知らないとチトつらいです。
バンテージ・ポイント 面白い構成の映画だけど、犯人が早くわかりすぎ。
アメリカン・ギャングスター  リドリー・スコットの神通力も今ひとつ通じず。
ジャンパー 単純明快なエンタテイメント映画。
燃えよ!ピンポン おバカ映画です。何も考えずに楽しみましょう。

★★☆☆☆
フロンティア 怖くないスプラッター・ムービー。
ハンコック 出来合いの映画。
イーグル・アイ 発想は古いです。
彼が二度愛したS あまりにもお決まりのストーリー。
ソウ5 今までにないだらだらした展開。
ブラックサイト いろんな映画の寄せ集め的映画。
K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 すべて今ひとつ。
ハプニング 説得力のないぶっ飛んだ理由付けは健在。
デトロイト・メタル・シティ 笑えるところがなかった。
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 見所はイケメンのカスピアン王子。
アース  見所はすべて予告編で紹介済み。
フローズン・タイム 後半はありがちな青春コメディ。
世界で一番美しい夜 長尺ながら、理路整然と組み立てられた展開。

★☆☆☆☆
地球が静止する日 作り手は環境がテーマなら何でもヒットすると思ったのでしょうか。
チーム・バチスタの栄光 原作からしてあまり面白くない。
L change the WorLd 原作を逸脱してありきたりな作品になってしまった。
JOHNEN 定の愛 なんかガタガタです。
NEXT-ネクスト- ここまで設定を変えられては見てられない。



私が見た映画ランキング2007


関連記事

テーマ: ★おすすめ映画★ | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント