fc2ブログ

パコと魔法の絵本 ★★★*☆

舞台作品の映画化ということだが、出来上がった作品はいかにも中島哲也監督の世界を感じさせる。

これまでの中島監督作品に通じるノリがあちこちに感じられるが、なぜか今回はそのノリに今ひとつ乗り切れなかった。

特に最初っからアクセル全開の勢いには慣れるまで時間がかかった。

阿部サダヲも相変わらずのぶっ飛びようだが、前半は空回りのような気がしたのは自分だけだろうか。

やはり過去の作品と比較してしまうが、「下妻物語」を初めて見たときの衝撃にはおよばないながら、絵本を題材にした寓話は印象に残るもので、前半なかなか馴染めなかったのを除けば、楽しめる作品だった。



関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント