FC2ブログ

ダークナイト ★★★*☆

物語自体は重いものである。エンタテイメントを追求していた15年前の旧バットマン・シリーズとは趣が全く異なる。

この映画がアメリカでこの夏の最大のヒットになったのは不思議だ。

昨年はアメリカの自己批判映画が量産されているし、最近は完全にアメリカも重苦しいバイオリズムに入り込んでしまっているんだろうか。

ヒース・レジャーは、かつてジャック・ニコルソンが演じて強烈なインパクトを残したジョーカーに挑戦しているが、そのときとは全く違うジョーカー像を演じており、その存在感はすさまじい。

人間の弱みを巧妙につくジョーカーとの戦いは物語を二転三転させて重厚な物語に仕上がっている。

ただ、旧シリーズでもそうだったけど、主要な役どころの俳優さんがよく変わるねえ。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント