告発のとき ★★★☆☆

戦争開始直後はイケイケドンドンで周りを見ることなく戦争の正当性を訴えるような映画が乱発されていたが、イラク問題が長引き、最近はアメリカ自己批判映画ばかりになってきた。

本作品も、イラクから戻った息子が隊を無断で離脱し焼死体で発見されるが、元軍警察にいた父親は事件の解明を行うという事実に基づいた話が中心に描かれる。

また、映画のあちこちでアメリカ社会の苦しみ表すモチーフが散見される。

展開は後半以降ダレダレで最後は今ひとつしまらなかったのが残念。

他の映画で準主役級を演じている役者が大勢端役で出演している。
これは見ていてなかなか楽しい。
(ジェイソン・パトリック「スピード2」、ジェームズ・フランコ「スパイダーマン」、ジョシュ・ブローリン「ノー・カントリー」)


原題は「In The Valley Of Elah」。
旧約聖書にあるイスラエル軍とペリシテ軍の戦いでダビデがをゴリアテを破った場所のことである。

関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント