FC2ブログ

ミスト ★★★☆☆

昔のスティーヴン・キングものはいい作品が多かったかと思うが、近年はずっこけるようなラストのオチのものが続いていたような気がする。

なので、今回はあまり期待せずに見に行った。

結果、SFホラーとしてストーリーはありきたりで、モンスターたちのデザインも目新しさはないものだった。

けれど、この作品の見所は別のところにあるといっていい。

周囲の見えない状況の下、人々の恐怖と精神的に追い詰められていくようすの描写はリアルで見事だ。

監督が原作と違うものに書き換えたと言うラストは、あまりにも重く、この作品に普通のSFホラーとは一味違う意味付けをしている。



関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント