レジェンド・オブ・ゾロ ★★☆☆☆

この手のヒーローものは深く考えず楽しめばいいのかもしれない。

よくある活劇西部劇といったところだが、ストーリもアクションも趣向が80年代の作品と言われても仕方ないくらいだ。

もはや、アントニオ・バンデラスとキャサリーン・ゼタ・ジョーンズという組み合わせだけで最近の普通の映画ファンなら、もういいやというのでは?

でも、逆にこの映画が20年前に出ていたら大ヒットしていたろう。古臭いが、活劇モノとしてうまくまとまった作品だといえると思う。

関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント