チーム・バチスタの栄光 ★★☆☆☆

原作も読んだが、当時騒がれているほど面白くなかったという覚えがある。

でも、フジテレビ製作の映画でもなさそうだし、少しばかり期待して見に行った。

ところが、映画の方もなんだか間延びして煮詰められていない感じの出来で、作っている人たちの側に妙な迷いのようなものが感じられる映画だった。

俳優陣も、ずいぶん久しぶりに見た吉川晃司は、カッコいいかもしれないがエリートっぽさが感じられないエリート医師になっていたし、田中直樹の疲れきっているはずの役どころに疲労感は感じられなかった。

ドラマ後半のメリハリのない2段オチはそもそも原作からそうだからしょうがないとしても、最近のテレビドラマでももうちょっとうまく作るんじゃないかなあと思った次第。



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント