fc2ブログ

はじらい ★★★☆☆

前作「ひめごと」の女優たちからセクハラで訴えられたブリソー監督が、その製作現場を映画化したと言われる作品。

女優と監督の心理的な危ういやり取りは、監督が常にクールに描かれていることからも、半分はブリソー監督の言い訳になっているんじゃないだろうか。

最後に愛を前面に押し出して終えようとするのはフランス映画にありがちだが、これも監督の負け惜しみに思える。

登場人物をアップにして長い台詞を語らせたり、堕天使を登場させたりといかにも(一昔前の)フランス映画らしいフランス映画になっているところが面白かった。

今回の映画では女優たちと上手くやれたんでしょうかね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント