オーデュボンの祈り ★★☆☆☆

『オーデュボンの祈り』 伊坂 幸太郎 新潮文庫 2003/11

この小説独特の世界観には今ひとつついていけなかった。

時々ハッとするような示唆に富んだエピソードも登場するのだが、単発で、全体としてはパッとしない。

読みながら、先日見た映画「アヒルと鴨のコインロッカー」の独特な雰囲気はこういうことか、とこの作家の小説を初めて読んで分かったような気がした。

あとがきにもあるが、シュールである。
これがデビュー作ということにも驚かされた。

他の作品で何度も直木賞候補に挙がっているということなので、これに懲りず、他の作品も読んでみようと思う。


関連記事

テーマ: ブックレビュー | ジャンル: 小説・文学

Category: 小説
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント