レミーのおいしいレストラン ★★★☆☆

米国では既に大ヒットを記録しているが、今まで自分が見たピクサー/ディズニー作品の中で一番出来が悪かったような気がする。

ストーリーにメリハリがなく、冗長な時間が続いたし、キャラクターの描き方も中途半端。

リングイニとコレットのラブ・ストーリーなんて必要だったろうか。

イーゴにしてもほんの最後だけいきなりだもんなあ。

そもそも、リングイニとグストーの血のつながりって別になくてもストーリーが成り立つような気がする。

人間側のむすびの「Anyone can cook/誰でも名シェフ」はいいとして、ねずみ側の締めが人間との共生というのは、これまた人間視点でしか見てないよなあ。

と、まあ、子供向けのアニメに目くじら立てる必要がないと言われればそれまでだけど。


今回も本編が始まる前にピクサーの短編アニメがあります。("LIFETED")


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント