FC2ブログ

蒼穹の昴 ★★★★☆












『蒼穹の昴』 浅田次郎著、2004、講談社文庫

長編の小説ではあるが、話の構成が巧みで読み手を飽きさせない。

また、著者の見せ場である歴史の新解釈も興味深い。

特に物語が急展開し始める後半の盛り上がりは手に汗握る。

なのに、最後の最後が小さくまとめすぎな気がしてならない。
物語の最初から壮大な物語を丁寧に紡ぎあげたのに何だかちょっと拍子抜けしてしまった。
もったいない。



関連記事

テーマ: ブックレビュー | ジャンル: 小説・文学

Category: 小説
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント