FC2ブログ

クィーン ★★★*☆

ダイアナ元皇太子妃が亡くなったのが1997年だから、もう10年前の話。

しかしながら、まだ10年しか経っていないのに、ここまで女王をクローズアップした映画を作ってしまうなんて、どこかの皇族では考えられない話だろう。

どこまで現実を反映しているかは定かでないが、ロイヤルファミリーの日常を描き、彼らの人間的な側面を見る者に突きつける。

そして、ロイヤルファミリーの伝統と格式と国民感情に挟まれながらも、女王の女王たる勇気に基づき行動する姿に感動させられる。

マスコミの煽動でどこまでが本人の意思か分からない国民と、伝統と自らの理念から態度を決める女王の対比が見事。

女王役のヘレン・ミレンがアカデミー主演女優賞を受賞している。



余談ながら、女王ってあんなにたくさのコーギー犬をペットにしてるのね。
コーギーに命令しながら散歩する女王に妙に親近感を持ってしまった。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント