善き人のためのソナタ ★★★★☆

映画が終わった後も全身に鳥肌が立って収まらなかった。

一度だけでなく、何度も体中をびりびりとした感覚が襲う。

こんなことは初めてだ。

主演のウルリッヒ・ミューエの全編にわたる抑えた演技がボディブローのように効き、最後の表情が静かに重く見る者を圧倒する。

そう簡単には味わえない瞬間がやってくる。

脚本家役のセバスチャン・コッホは『ブラックブック』でもドイツ将校役として登場していた。

ドイツでは有名な俳優さんなんだろうか。

アカデミー賞外国語映画賞受賞作品。

関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント